おじさんがブログをはじめました

今更ながらブログをはじめました。キャンプなど日々のこと。

ランタンオイルの持ち運び MSR 燃料ボトル

MSR 燃料ボトル 591mL 20oz

オイルランタンで使用するパラフィンオイルの持ち運びに使っています。レビューするまでもない、いわゆるただの燃料ボトルです。MSRのストーブに接続して使うものなので本来の使用方法とは違いますが、自己責任で。

無くても困らないこいつ

 

こちらはいつも使っているキャンライトのパラフィンオイル。注ぎ口付きキャップも付属していて非常に良い商品です。ペットボトルのままでも困らないですが、キャンプに持っていくとなると2ℓタイプは嵩張ります。写真のように残り少なくなってくると空気を持ち運びしているだけで無駄です。

優秀なキャップ付き

ちなみにこのキャップ、ムラエのランプオイルのには適合しませんでした。使えない事は無いですが、注ぐと隙間からじんわり漏れてきます。ムラエの300mlタイプの空きボトルを使っていた事もありましたが、ノズルキャップをつなぐ部分がすぐに千切れてしまいました。

 

というわけで、燃料をコンパクトに持ち運びたい。ポリエチレン系の物などお手頃で普通に使えるものもたくさんありますが、長く使えそうなもの、そして自宅に収納というか、陳列した時の見た目を重視して選びました。完全に自己満足ですが、なんとなくランタンと並べた時の雰囲気も良いかなと思います。ランタンのタンクに多少オイルが残ってる状態だったりしますが、私の使い方だとこれ1本でオイルランタン大・中・小3つ、2泊3日分位の量です。

完全に雰囲気アイテム

重要な情報を分かりやすく表示する、質実剛健なデザインです。威嚇してくるような、モノモノしいマークがたまりませんね。危険な香りがプンプンします。燃料の長期保存は不可、そしてアルコール類には適応していません。

極めて危険と書いてある

チャイルドロック機能付きキャップが開けづらいというレビューが多いですが、きつく閉めると確かに開けづらいです。キャップには「下に押して回せ」を表す刻印があります。開ける時はキャップを手のひらで固定して、本体を押し上げながら回すイメージのほうが開けやすいです。

開けにくいキャップ

チャイルドロックの付いていない普通のキャップは別売りでお値段なんと1100円!今なら更にもう1個ついてくる!・・・とかなら良いのですが、そんなワケありません。キャップで1個1100円はなかなかの高級品。このキャップが劣化して使えなくなったら買おうかな。

 

写真に写っているオイルランタンはこちら、デイツ NO.80です。

ojisanga.hatenablog.com

キャンプ用シューズは「建さんⅡ」

愛用のキャンプシューズ、ワークマンで購入可能な「建さんⅡ」680円。アウトドア用の靴ではなく、職人さんが履く作業用の靴です。

愛しの建さんⅡ

ワークマンではオシャレなアウトドア用の靴とかも販売していますが、「建さんⅡ」を2足買える金額だったりします。十分お手頃だとは思いますが、このコスパを経験してしまうともうやめられません。デザインもシンプルで決して悪くない。キレイな状態で都会のセレクトショップとかに置いてあったらそれっぽく見えなくもないと思います。

 

現場用なのでソールは地下足袋のような感じです。

足袋のようなソール

冬はちょっと寒いのと、濡れた場所、特に鉄板の上などでは少し滑りやすいのが難点ですが、汚れも傷も気にせずガンガン履けます。滑りやすいというのは歩き方がなっていないのかとも思います。これを履いてガンガン仕事をする職人さんたちは、きっと足裏の感覚が研ぎ澄まされているんじゃないかと。ロッククライミング専用の靴なんかも同じような考え方ですね。それと、ソールが薄いのでちょっとした水たまりでもすぐに浸水します。

 

ロマンや所有欲を気にする人には向きませんが、このへんの欠点というか、仕様上の注意点さえ押さえてそういう道具だと認識しておけばコスパ最強の一足。

 

先日の那須たかはらオートキャンプ場では長靴が欲しくなりましたが。。。

ojisanga.hatenablog.com

 

 

2022年5月初旬 木の俣渓谷 木の俣園地

先日お世話になった「那須たかはらオートキャンプ場」の帰りに立ち寄った景勝地です。滞在時間としては1時間半ほどあればのんびりできるかと思います。

塩原・黒磯側からアクセスすると、右手に30台程の「木の俣園地駐車場」があります。通り過ぎて木の俣川を渡ってすぐの左手に公衆トイレと5〜6台ほどの駐車場。連休初日の朝10時半過ぎですが、先客一台のみでした。帰り際「木の俣園地駐車場」をチェックしたらほぼ満車でしたので、季節や時間帯によっては混むかもしれません。

トイレは水洗洋式で綺麗に管理されていて安心です。

トイレと駐車場

トイレ脇の遊歩道を少し歩くと、川の側に降り立つことができます。ボーッと美しい川を眺めるだけなので所要時間15分位。眺めているだけで癒されますね。多少歩き回る事が可能ですが、所々岩盤の上を水が流れている箇所があり滑るので注意が必要です。熊出没注意の看板有り。

癒し効果抜群

「木の俣園地駐車場」側には回遊できる遊歩道があります。熊出没注意の看板にビビりながら道に沿って歩くとやたら開放的な広場と東屋に到着。

休憩できる東屋

ここから少々崖沿いの道を歩くので小さなお子さん連れの方は注意しましょう。手すりはスッカスカです。

歩いてきた遊歩道を振り返る

しばらく歩くと川縁に降りられる場所があり巨岩吊り橋が見えてきます。吊り橋の床板はグレーチングになっていてそれなりにスリルあります。

巨岩吊り橋

吊り橋を渡ると熊がいそうな森の中。ところどころ川を眺められるスポットがあります。新緑と青空と水の色が絶妙。下の写真の深い瀞を過ぎると水流を離れ斜面沿いの遊歩道になります。道幅は広いですが柵などはないので小さいお子さんは注意。遊歩道の終点は車道に合流となりますので飛び出さないように。

あまりに美しい

 

遊歩道の所要時間は30〜40分ほど。熊出没注意の看板が所々にあり戦々恐々でしたが、先行にワンちゃん連れの人がいたので良い感じの間合いを保ちつつ散歩しました。昔、犬が熊と戦う漫画ありましたよね。トンデモナイ必殺技で敵の喉元を切り裂くやつ。いざとなったらあの戦いをしてくれるとイメージしながら。

 

こちらのキャンプ場とセットで楽しめるスポットです。

ojisanga.hatenablog.com

 

 

 

 

 

2022年 5月初旬 那須たかはらオートキャンプ場 【ウッドキャビン】

ああ、私はだらしないサラリーマンです。ゴールデンウィーク期間中の隙間の平日もしっかり有給取っちゃいます。3連休真っ只中とかで難民キャンプ状態になるのはイヤなんです。

複数の天気予報サイトとギリギリまで睨めっこしましたが、どうも天気が安定しない模様。テント泊は諦めてバンガロー泊に。と言うわけで、ギリギリのタイミングでも予約が取りやすかった「那須たかはらオートキャンプ場」にてファミリーキャンプをしてきました。例によってピンポイントな偏った文章となります。

 

予約時にキャビンの前にタープが設営できるお手頃な施設を希望したところ、唯一空いていたのが今回お世話になった「ひつじ」というウッドキャビン。WEBサイト上では「1棟限定」と表記してある施設ですね。賑やかなログバンガローやウッドキャビンエリアから離れ、風呂と資材置き場の横にポツンと一軒家。いや村八分

キャビンの前にはパーキングエリアにあるようなテーブルベンチが。またお前か。動かすの大変なんだよなー。キャンプアンドキャビンズでもそうでしたが、せめてテーブルとベンチセパレート式にしてほしいです。

立派すぎるテーブルベンチ

雨の中なんとか動かしてタープを設営。我が家の焚き火タープTCコネクトヘキサでもギリギリ設営できました。下の写真は翌朝晴れたタイミングで撮ってます。

ギリギリ

ギリギリギリ

室内はカーペット敷。正直埃っぽくてあまり好きじゃありません。持参したインナーマットを敷きました。事前確認したところ就寝用マットは用意されていないのでインフレータブルマットも持参。他のキャビンは就寝用マットが用意されているそうです。やはり村八分

毛布、枕、シュラフは用意されていますがなんかアレなのでこちらも持参したものを使います。冷蔵庫とエアコン、コンセントは付いています。天井の照明は紐を引っ張るタイプ。田舎のじいちゃん家テイストのデザインです。最近の子供は「ナニコレどうやんの?」状態。両側の窓には昔懐かしい西部警察ブラインドが付いています。

昭和感でお腹いっぱい

 

村八分になった孤独なログキャビンですが、場内が空いていたのもありむしろとても居心地がイイ。開放的な芝生広場が目の前に広がります。穴場ですね。ただ、休日などで満サイト状態だとこうはいかないんだろうな。1日目は雨が降っていたので終日タープの下でまったり焚き火を楽しみました。

雨は雨でまたいとをかし

こちらの管理棟で販売している薪が実に上質。樹種はナラだと思います。少し湿っているものもありましたが問題なく火が入ります。ホームセンターとかで売ってるアカシアなんかと違って、なんというかトロっとした火でとても良い。一束800円は安い。普通に買うと1000円超えるクオリティなんじゃないでしょうか。

 

晴れれば山の景色が美しい。

雨上がりは超絶さわやか

 

ウッドキャビン「ひつじ」の注意点としてはタープを張っていても雨が降ると足元がグチャグチャになります。ドロドロにはなりませんが、芝生ではないのでそれなりに汚れます。キャンプ場全体的に水たまりが多い印象で、慣れた感じのキャンパーさんは長靴を履いてました。なるほど勉強になります。

そして邪魔者扱いのテーブルベンチがタープ撤収時に仮置き場として大活躍。木々に囲まれているため日当たりが悪く地面が乾かないまま撤収しましたが、ドロドロタープにならずに済みました。邪魔とか言ってゴメンね。君が立派すぎるおかげで助かりました。

キャビン前の地面は一見柔らかそうですが、30センチのペグが半分刺さると急に固くなります。なので頑丈な鍛造ペグ推奨です。2日目の明け方、風が強くなりメインポールを支える1本が抜けました。ペグを刺したすぐ近くに転がっていたから良かったですが、近くに他のキャンパーさんが居てペグが吹っ飛んだら大変です。刺さりにくくて抜けやすい、通常こういう地面の時はクロス打ちなどの対策をするんですが、雨設営で手を抜きました。反省。

車はキャビンの横に停めても良いし、目の前の一段下がった場所に停めても良いとのこと。こういう融通が効くのは良いですね、村八分も悪く無い。

あと、風呂とトイレが近いのが地味に便利でした。空いていそうなタイミングを狙って何度も風呂に入れます。村八分最高。ここのお風呂、1日ごとに岩風呂と檜風呂が男女入れ替えになるんですが、どちらも素晴らしいお風呂でした。そんじょそこらの旅館顔負けのレベルです。

 

その他、備忘録代わりに気なったサイト。

トレーラーハウス

内装も見せてもらいましたが、雰囲気あって良さげです。2棟ありますが公式サイトでは1棟となっていますので、稼働しているのは1棟だけなのかもしれません。車を横付けしても目の前に小さめのタープなら設営、もしくは連結できそうです。

トレーラーハウス

林間サイト R38 R39

なかなか広めで水捌けも良さそうです。

林間サイト R39

林間サイト  R50 R47

林間サイトの中で川に近い崖沿いのサイト。広めでプライベート感もあります。R47の地面は土っぽいので雨には注意ですかね。

林間サイト R47 奥に竹林も見えます

 

林間サイト R50 地面は苔と砂利

 

全体的にファミリー層向けの雰囲気でしたが、林間サイトはソロの人も結構いました。この日は一部モンスター化したキャンパーがいましたが、そういった変なキャンパーと鉢合わせしなければ針葉樹の森の雰囲気を楽しめそうです。

 

箒川

キャンプ場の隣に箒川(ほうきがわ)が流れていますが、川底は苔が多く水質もそこまで綺麗なワケでもないので、川遊びには適していなそうでした。

あまりオススメじゃない川

 

那須たかはらオートキャンプ場はロケーションも良く、色々な雰囲気のサイトや施設が点在していてワクワクします。トイレや水場も清潔、風呂は最高、だけど比較的予約が取りやすいのは那須の中心部から結構離れているからでしょうか。キャンプ場内のアクティビティやイベントは少ないですが、純粋に上質なキャンプを楽しめるキャンプ場です。

 

那須たかはらオートキャンプ場とセットで楽しめる立ち寄りスポットはこちら。

ojisanga.hatenablog.com

 

ウッドキャビン「ひつじ」の前に設営したタープはこちら。

ojisanga.hatenablog.com

 

Hilander(ハイランダー) 焚火ケトル 2.5L レビュー

キャンプで使っているヤカンです。1580円というお手頃価格。1.8Lタイプもありましたが、何故かこちらの大きい方がお安い。

正直ヤカンなんて無くてもなんとかなるんですが、ファミキャンで湯たんぽにお湯を入れるのにあったら便利かなーと。一応、焚き火にかけられそうな物という事でこちらを選びました。お金を出してこだわれば世の中もっとカッコ良くて上質なものいっぱいあります。しかし湯たんぽ用と割り切ると、普通のおじさんキャンパーにはコレが限界です。そして届いてから思ってたより大きくて失敗した!と思いました。

オジサンの限界ケトル

しかし使ってみると意外とそうでもなく。確かに大きくて邪魔ですが、寸胴タイプなのでスタッキングしやすいんです。いや、スタッキングと言うかもう小物入れ。エバニューセットがすっぽり入りフォークやスプーンも入ります。

抜群の収納力

 

メスティンなんかも斜めにすれば入ります。もはやちょっとしたバッグ代わり。尖ったファッションの人はコレに財布とか携帯入れて街へ繰り出しても良いんじゃないですかね。ヤケクソですが。

ヤカンを持って街へ繰り出そう

 

湯たんぽ用と割り切って選んだ割に大活躍。寒い時期のキャンプでずっとヤカンを火にかけておくと何かと便利です。ただ、中国製の安物なのでステンレスの質とかは期待できません。体に悪い何かが溶け出しそうですが知らなかった事にしましょう。映え重視の人から言わせればアレかもしれませんが、シンプルなのでビジュアルも悪く無いのでは?と信じてます。立ち昇る水蒸気も見た目には暖かい。この位大きいと水を足す回数は少なくてすみます。深いのでレトルト食品を温めるのにも便利です。

まぁ、これはこれで

 

先日の薪ストーブ付きキャビンでは重宝しました。

大変お世話になりました

 

片手でツルを持ってもう片方の手で後ろの取手を掴んで傾けると水が出てきます。なので残念ながら腰に手を当てて片手で持ち上げてワイルドに直接水を飲む事はできません。

そしてやっぱりデカい。ステンレスボトルを焚火に突っ込んでそのまま湯たんぽにするやつ、いつかアレに挑戦してみたいと思います。

 

ヤカンが似合う薪ストーブ付きキャビンはこちら。

ojisanga.hatenablog.com

 

 

 

カッコイイナイフがほしい

キャンプのお楽しみ、焚き火の時間。周りのキャンパーさんを見るとナイフでコンコンコンと薪割りしています。バトニングっていうんですかね。カッコイイ、憧れます。

私はというと、ホームセンターで1500円位で買ったクッソダサい鉈とハンマーで薪割り。鉈は竹割り用の両刃タイプです。木製の柄の部分が壊れたのでダクトテープでグルグル巻きにして、100均のグリップテープで巻いて補修してあります。黒のテープだと自然の中や暗闇で見失うだろうと、赤いテープを選んだ私のセンスの無さといったら。勇者とか戦士が使う武器っぽくてダサくなってしまいました。こんな事なら盾としてコールマンのファイアディスクを購入すべきでした。

こいつが粉々になったらカッコイイナイフを買おうと思ってますが、全然壊れない。

f:id:Hamazon:20220416232034j:plain

勇者の鉈

 

フォーエバー 3D-140mm 折込携帯ナイフ 3D-TS14F

カッコイイナイフはきっと料理の時にも役立つ事でしょう。しかし私が使っているのはとりあえずAmazonで買ったコレです。たしか1200円位でした。「銀TITAN3D」って書いてあります。何のことやらよく分かりませんが、なんとなくスゴそうです。スゴイと信じたい。毎日使う訳でもないのでなかなか切れ味が落ちず、そして軽くて折りたたみ式で使い勝手も良く、とりあえずで買ったものですがズルズルとこいつとの関係を続けています。こいつやっぱりスゴイのかもしれない。

きっとすごい

 

Victorinoxのよくある小さなフォールディングナイフは持っています。あれもカッコイイナイフの仲間だとは思いますが、料理はともかく薪割りには使えません。

 

現状で事足りてはいますが、徒歩キャンプとかを考え出すとやはり複数の刃物を持ち歩くより一つで済ませたい。フェザースティックとかいうのもやってみたい。まずはモーラーナイフの安い物から試してみようと企んでおりまが、ナイフの世界もかなり沼が深そうで正直足を踏み入れるのが怖いです。

 

ダサい鉈をぶっ叩くためのハンマーはこちら。

ojisanga.hatenablog.com

 

FLYFLYGO アルミテーブル レビュー

ヒロシ氏が使ってるアレが高くて買えないキャンパーがAmazonで探す、よくある中華テーブルです。
アマゾンでの商品名は

FLYFLYGO テーブル アルミ製 組み立て式 超軽量テーブル ミニテーブル 収納袋付き アウトドアも室内も使用

となっています。なんて節操の無い名前。マトモじゃないです。もう少し簡潔にできないものですかね。

天板は25cm✖️35cm、高さは10cm、重さは560g。この手の商品、色々ありますがどんぐりの背比でしょう。広さと軽さのバランスでこちらに決めました。よくあるコピー商品より少し天板サイズが大きめです。私はタイムセールで1600円位で購入しましたが、通常でも2000円しない価格。グレーと書いてあり少々不安でしたが、濃いめのシルバーでした。

改名した方が良いよ
このシルバーというのが、私には結構重要なポイントです。金属色にランタンの光が反射するのがたまらない。暗闇すぎるとちょっと怖いので少しでもランタンや焚き火の光を反射させれば身の回りが明るくなるような気がします。最初から明るいランタン使えよという話かもしれませんが、なんというか、そうじゃないんですよね。

f:id:Hamazon:20220416224912j:plain

少し明るくなってくれるような気がしないでもない
 
本家のようにワンタッチで開くタイプでは無いので、袋にバラバラの状態で収納されています。エッジの処理は、敵が来たらこれを振り回せば割と通用するレベル。安物なので文句は言えませんね。

f:id:Hamazon:20220416225735j:plain

決して振り回してはいけません
 
組み立て方は天板裏面にちょっとオシャレ風に書いてあります。オシャレ風、見づらいんだよなぁ。でもオシャレはガマンです。端→真ん中→端の順で足を天板に引っ掛けて組み立てます。慣れれば平らな場所に置かなくてもできます。

f:id:Hamazon:20220416230107j:plain

老眼には厳しい取説
 
中華製の安物なので油断していましたが、思ってたよりしっかりしていて、使い勝手としてはなかなかのもの。イワタニジュニアコンパクトバーナーとSnow Peak チタンシングルマグ450を置いてコレくらい。スペースが広めなのでおやつがたくさん置けます。エッジに立ち上がりがあるので箸などが転がり落ちるのもそこそこ防げそうです。アルミ製なのでこの上でアルコールストーブを使っても、焚き火のそばに置いても問題ありません。

おぬしかなかやるな
本家フィールドホッパーが欲しくなっちゃって何かの間違いで家に届いちゃったら、このテーブルの上でネイチャーストーブ系などを使うのもアリかと思います。そういうの何て言うんだろう。焚火台台って言えばいいんですかね。
 
この焚火台の横で使ってます。