おじさんがブログをはじめました

今更ながらブログをはじめました。キャンプなど日々のこと。

FEUERHAND フュアハンド ベイビースペシャル276 ジンク

フュアーハンド?フュアハンド?いまだに正しい読み方が分かりません。定番のこのオイルランタン。

キャンプを始めた当初はその見た目からプロキャンパー向きの道具だと思い込んでたんですが、ヒロシのぼっちキャンプを見てたら欲しくてたまらなくなってしまいました。(ヒロシ氏の物は型番が違うようです)防虫オイルを入れると虫よけ効果がある、という付加価値にも惹かれました。使ってみると、あら簡単。プロキャンパーじゃなくても全然取り扱えます。何事も見た目で判断はいけませんね。

 

人気が出て価格が高騰している時期だったらしく、安売りしていなくて、正規代理店のものを定価で購入。巷で人気なのはキラキラした錫メッキの古いモデルのようですが、こちらは現行品なのでマットシルバーの亜鉛メッキモデル。

f:id:Hamazon:20220121232316j:plain

ニセキャンパーでも使える本格的っぽい見た目

ここからおじさんはランタン沼に落ちていきます。

毎回キャンプに連れて行ってます。コレなしのキャンプなんて考えられない。ヒロシ氏が番組の中で時々ランタンを忘れて方針状態になったりしてますが、あの気持ちよく分かります。買ってあったアイスがまだ残ってると思い込んでいて、いざ食べようと冷凍庫を開けたら、あれ!?うそ?えっ、ない!?食べちゃったんだっ?!的な放心状態。

 

アンバーグローブはネットで購入。色付きガラスではなく安物(失礼)の透明のホヤに個人の方が塗装して販売しているものです。純正ではないのでフィット感はそれなりですが、安物ならではのガラスのゆらぎが、逆に味わい深くて気に入ってます。水濡れに弱いらしいので雨の日は極力濡らさないように注意して使用。

f:id:Hamazon:20220121232450j:plain

安物ならではのゆらめき

燃料はパラフィンオイルを使用。価格が灯油の10倍位しますが扱いが楽なので。防虫オイルの効果は正直わかりません。夏は蚊の少ない涼しい高原キャンプがメインですし、これを点灯する時間帯ってアブとか全然いないんです。虫よけどころか子供が見たら引く位デカい蛾が飛んできて止まったりします。虫嫌いな人は夜こんなの使ってはいけません。暗闇で過ごしてください。

使用後タンク内のオイルを抜いておく人と、そのままにしておく人がいるみたいですが、どちらが正しいんでしょうか。だれか教えてください。

 

ランタン沼にハマった成れの果てはこちら

ojisanga.hatenablog.com